分のない人生は、きっとつまらない。

 人気バンド「SEKAI NO OWARI」(セカオワ)が、犬や猫などの殺処分ゼロをめざす活動をしている。今月には支援ソングを発売し、支援ライブを開いた。収益は犬の保護活動をする認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ、本部・広島県神石高原町)に寄付され、保護に活用される。

次はゲスの川谷の悪い女癖がなおる歌でも作ってあげて下さい!ピエロ怖いピエロ怖いこの人達の歌には余り興味なかったけど、今回の件でとても見直しました。セカオワにとって音楽は慈善活動なんだ。
ゲスと同じジャンルに見られがちだけどこっちは割と好き。信念が行動に表れてるから。もろ中二だけど。
うちは捨てられた猫を保護し続けてもう何年にもなります。一般人がどんなに頑張っても保護し続けるのには限界がありますが、偽善でもなんでも、知名度や資金的に余裕のある方がこうした活動をしてくれるのは、本当にありがたいし、頼もしいなと思います。良いことしてると思う。悪徳ブリーダーいなくなればいい。動物飼うときは一生面倒見る覚悟で。この人たちをうわべだけで嫌っていたがそれは間違いだった。この活動を応援したい。
セカオワ、いいことをしますよね。最近、こういう活動が増えてきて、大変うれしいです。特に、こういう、人気があるグループなどがこういう活動をすると、話題になるので、嬉しいですよね。これは素直に素晴らしいと思う。殺処分のオワリを願う。
若い人たちに特に影響力のあるこういう人たちが声をあげていくことで、変わっていくことがあると思います。ファッション感覚で気まぐれにやろうとして、飽きてやめることがないように祈ります。継続して活動を続けてください。応援しています。わたしもできることをがんばります。