携帯電話の販売をめぐる苦情に、強い姿勢で対策に臨む。

 総務省は早ければ2017年1月にも、利用客の苦情が多い携帯電話販売店の「覆面調査」を始める。 携帯電話の新規契約時に、その内容を十分に説明しなかったり、契約を断ったのに強引に手続きを進められたりするなど、消費者と携帯電話ショップとのトラブルが後を絶たないなか、悪質なショップを取り締り、消費者保護を強化する狙いがある。

最初からだよね。高いの。だから高くても違和感がない。今更感もあるけど、通信料が安くなるのは助かるからじゃんじゃんやってほしい。
というか、店員がサービス内容を間違って説明したり、説明し忘れて後から説明されたりした経験がありました
元ショップ店員だけど丁寧に説明しても覚えがないといわれ光の契約をするときも料金の説明と月これだけかかるがその分のメリットもした上で身に覚えのない契約をしたとクレームがきた。覆面調査正直意味ない。何故なら話し方と動きで簡単に見抜ける。知識が彼、彼女らはある。だから分かっちまうんよ。何度かきたけどすぐにあーきたってわかるし事前に情報が漏れる。ちなみにこういうのは田舎が多いのかな。今時都会でそれをやっている人見たことないがな。どんな基準?ショップだけでなく、普通の兵売店もやった方がいい!
不当に安いものには「詐欺的な裏」がある。ってことだよ。なんでもさ。そういった店にはどんな危険が潜んでいるのかの知識や注意能力・交渉能力の無い人は、そういった安売りの店で「見せ掛けのお得価格」に釣られて契約するのはキケンだよ。カモと見られたら、どんどん騙されて何重にもふっかけられるだけ。