他と区別するためにウチナーンチュというプライドを守るのではなくて、ルーツにリスペクト(尊敬の念)を持ちながら、現在の国籍の国で精いっぱい頑張る。

 多彩な「群星(むりぶし)」たちが手を取り合いながら生きる沖縄。古里から遠く離れ、長年本土で暮らす沖縄県出身者の目には、どう映るのだろうか。ラジオ・テレビパーソナリティーのジョン・カビラさん(58)に聞いた。

この新聞が一番多様性を認めていない。川平湾はキレイなとこやったわな。沖縄県民はハーフを「あいのこ」と呼んで差別すると聞きました。
同じ日本国籍であれば、ルーツの多様性を認めるのは当然です。日本国籍であればね。米軍基地移設賛成も多様な意見の一つと思いますが、リスペクトされていない理由は何でしょうか?その理由(言い訳)はそのまま移設反対にも当てはまるものと思いますのでご注意願います。
ドジンという差別用語を流行語にして大賞を与えたのは何を隠そう沖縄タイムス社です。
沖タイは変な新聞ですね。私など小中高と転校を経験し、いくつかの県を移り住んだ。息子たちも東京・茨城・札幌・名古屋・東京と移り住んだ。多様性を認めなければ日本の社会システムは不稼働状態になる。沖タイは移り住むことが特別なこと沖縄県民が内地に住むと差別されると信じているの?他人を尊重できないやつは 尊重されることはない特にスポーツなんか語る資格もないわな