このようななかで注目されているのが、「自転車免許証」です。

改正道路交通法により、悪質な自転車運転に対する取り締まりが厳しくなったことを契機に、子どもたちへの自転車安全教育の充実が、大きな課題となっています。最近では、子どもの自転車による事故で高額の損害賠償を保護者に命じる判決も出されており、加害者にならない自転車安全教育も求められています。

自転車税を導入して強制保険に加入しないと駄目!自転車を減らす意味で実行して貰いたい。
自転車だからと交通法規も知らない大人が多い!子供を含めて自転車も試験を受けて免許制度にし、保険も自動車同様 強制にしなければ、これからも社会問題として拡大して行きます!免許取得よりも損害保険は加入を強く進めた方がいいと思うどうせ自転車では無免許・免許停止になっても、コソコソ乗り出すだろうしさ
小中学校とかで、交通課の警察官が来られて、交通安全教室と自転車の法律教室、事故の事例や損害賠償額など、結構突っ込んだ学習が行われてると聞きますが実際の取り締まりがゆるすぎるのか、効果上がってる感じがしない。巡回してるパトカーも、無茶な運転の自転車がいても見えてないのか・見て見ぬ振りなのかスルーしてるし、交通違反取り締まってる警察官も、取り締まってる項目以外の違反には無関心だし。
軽車両で公道走るから、免許制で保険も加入。泣き寝入りはしたくない。裁判で高額賠償の判決出ても、母子家庭、父子家庭、生活保護だから、払えないとかよく聞く。標識の意味がわからない大人もいるから。自動車免許取得に影響が出るようにすればいい。