早川氏の地震予知理論はこうだ。

いつか起こると言われ続けている首都直下型地震。地震を予知できればどれほど多くの命が助かるだろうか。だが、地震は予知できないのが常識だ――。ところが、この常識を覆すインターネットサービスがある。テンダが提供する「予知するアンテナ」だ。

地震関係でよくわからないことして稼いで生活してる人が結構いるらしい。予測が当たりましたって後出ししても説得力ないんだよね。n数が少ないし根拠となるデータも公開してないし。だったら東日本大震災は何故予知できなかったの私は測量の村井名誉教授のメルマガを読んでますがそっちを信じています。本当に常識になってからどうぞこの理論は聞いたことあるけど・・・
んー。。。それが本当ならば個人的に情報配信で小銭を稼ぐな。とは思う話だけどな?5割以上の精度があるのなら注意喚起の役割は十分果たせるはず。それだけの精度と自信があるのなら堂々とその技術を社会に活かせば良いのに。とは思うが。500円…信じない例えばどれが当たってどれが外れたか教えてほしい御守り買わせる手法と同じにしか思えん。聴いたこともない会社ごまかし地震ビジネスはもうたくさんだ結局、お金か。。。
いざ本当の大地震が起こった時、その予知ができなければ「残りの30パーセントでした」で済まされる。仮に1週間前に予知が来ても、そんな理由で会社を休むわけにもいかない。それなら毎月500円分非常食でも買ったほうが身のため