文部科学省が昨年10月に“学校のいじめ問題”に関する深刻な調査結果を発表しました。『2015年の全国の小中高校と特別支援学級で認知されたいじめの件数』が、調査開始以来最多になったというのです。連日、いじめの痛ましい事件のニュースもあとをたたず、親御さんとしては目にするたびに“ウチの子は大丈夫かしら…”と心配になってしまうのでは? そこで、わが子がいじめの犠牲になっていないか、いじめの加害者になっていないかを知るために、親として心得てほしいことについて、数々の学校問題に取り組んできた白梅学園大学教授の増田修治先生にお話しを伺いました。

イジメの加害者はただの遊びのつもりで楽しいからイジメるんです。親も教師もイジメを知ってても面倒だから見て見ぬふりです。そんかイジメをしてきた人間が大人になって親になり教師になるんだからイジメがなくなるわけない。自分のしてきたことを否定するわけがない。皆 そう言うことは 分かってるんだけど なくならないよね私は教師にいじめられた、、、、、
親は「一人でも生きていけるように強く育って」な〜んて考えるものだけど、この「一人でも」って「将来的に親の稼ぎがなくなってから」ぐらいの意味で、「誰にも頼らず」って意味じゃないんだよな。これがわかんない子は、大人ならなってからヘルプが言えない困った大人になって職場でも迷惑をかける。できないことは「できない」困ったら「ちょっと困ってて」頼みごとは「お願いがあるのですが」これが言える人間に育てることは、社会にとっても大事なこと。イジメはなくならない