同性婚は最高裁の判決により2015年6月に全国レベルで合法化された。

【AFP=時事】米国で連邦レベルでの合法化を前に同性婚の権利を認めた州では、高校生の自殺および未遂の発生率が低下したとする調査結果がこのほど発表された。【図解】同性婚をめぐる世界の情勢(2015年) 同性婚を合法化した州では、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアルの若者の自殺および未遂の件数が14%、全体では7%減少した。

「同性婚ができるから」というより、「同性愛の権利を法的に認めるような社会で暮らしていけるんだ」というメッセージが効いているのでは?医学雑誌の統計データで「-14%」というのは低い数字ではない。
同性愛の方が、悩んだり苦しんだりしなくて良い世の中になって欲しいです。
みんなに優しい社会になればええのにって正直思う確かに現実問題や予算など限定的にならざるを得ないのは分かるけど、すべての人に優しい方向性だけは目指して欲しい厳しくする方が社会のためって意見にはどうしても納得できない未来にも希望が生まれるものね。恋愛していいし結婚してもいいんだって。自己肯定感も持てるよね。
同性愛ってことで差別されてた人が、悩みから解放されたってことかな?いずれにしても自殺なんて悲しいことは無いほうがいいに決まっている。異性愛だろうが同性愛だろうが生粋の一人者であろうが、健やかに生きてくれるのならそのほうが良いよ。