第一段階として「K9護岸」を建設する。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画に伴う名護市辺野古の新基地建設工事で、政府が早ければ17日にも本体埋め立て工事に着手することが分かった。第一段階として「K9護岸」を建設する。海上警備体制や天候などを考慮し、最終的には官邸が日程を判断する。

前回の県民投票で基地縮小が求められています。辺野古移設により基地は縮小され、危険性も除去されます。つまり辺野古移設は沖縄県民の民意であり、いまさら県民投票しても埋立承認撤去等の理由にはなりません
普天間も辺野古も解決済み。あとは工事のみです。琉球新報さん工事日報をありがとう!問題と思うのも問題にしてるのも全て反対派のテロリストのせいですね。日本語の怪しい方々も含めて本国に強制送還でいいと思います。も~出直し選挙しかありませんね~!???
新報笛吹きタイムスが太鼓叩いても普通の県民踊らず!汚濁防止膜を予定地に配置する作業を終えた。いよいよ、埋め立て開始ですね。頑張って下さい。重大局面?予定通りに工事が進んでるだけなんだけどなー。どういう立場で見てんの?
共謀罪の成立で、プロ市民の逮捕を願います環境の変化というが、埋め立て工事を認めたのは沖縄の行政でありその結果、他の道府県の数倍もの交付金を貰っただろ金は取るけど責任は果たさないとか泥棒だろ