それを『学士監督』の栗山がわからないはずはない。

 弱り目に祟り目とは、まさにこのことだ。大谷翔平(22)の不運は、昨年の日本シリーズで起こった。走塁中に右足首を痛め、出場を熱望していたWBCを辞退。キャンプでは投球に負担がかかると、打撃の練習だけに絞った。

去年までは栗山監督だから大谷の二刀流実現できたとまるで神扱いだったのにな上手くいかなくなった時に限ってアンチが騒ぐのはどこも同じ。クリリン、、、いい奴だった、、オラは怒ったぞーーー!!!
張本がなんて言うか楽しみだな去年は、栗山じゃなければできなかった今年は、全て栗山が悪い勝てば官軍負けたら賊軍去年まで栗山はすごいとか言ってたのにみんな手のひら返しで叩き始めたか。世知辛い世の中やな。
今まで、上手く行き過ぎた今が大事これから、どうするか栗山でなければ二刀流など無かったんでは?栗山監督が以前(怪我をする以前)から言っていた「大谷は、個人としては憧れの存在。監督としては一番の悩みの種」という言葉が現実になってしまったな。すべて俺が悪い
うまくいってる間は手放しで称賛して、不備があれば掌返しで袋叩き…野球の世界もボンクラばかりなのですかね怪我のリスクは普通の選手の倍だからねこんなこともあるよインフルは別問題だねw